www.aboutflorence.com/firenze-gaido
About Florence: you Tourist Guide to Florence
フィレンツェのご案内...
・・・あなたのフィレンツェ観光ガイド
Share |

オルトラルノ-OLTRARNO(散策コース1)


ダウンロード Oltrarno.pdf (1797 kb)
オルトラルノ−散策コース 2 | オルトラルノ-散策コース 3
フィレンツェ観光名所へ戻る

 

フィレンツェ-オルトラルノ周辺
フィレンツェの下町と職人町を探索

フィレンツェのもう一つの顔”を探索、発見するには、様々な方法があります。オルトラルノ(Oltrarno)とは、アルノ川対岸地区を指します。アルノ川に掛かる橋を渡って、オルトラルノを散策してみましょう。橋は、カッライア橋(Ponte alla Carraia)、サンタ・トリニタ橋(Ponte Santa Trnita)、ヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)、グラツィエ橋(Ponte alle Grazie)を渡ると便利です。サント・スピリト地区のシンボルは、青地に白い鳩と金の光線から成っています。元々は、12世紀末期まで遡ります。当時は、フィレンツェ郊外(このフィレンツェは今の中心街ほどの大きさでした)は、区に分けられていました。1172年から1175年の間にフィレンツェは拡大し、その時に6つの地区に分けられました。アルノ川向こう側の地区も加えられたため、芸術家達が集まり、その後、この地区がフィレンツェの経済を支えることになりました。この6地区にいる人達をゴンファローニ(Gonfaloni)と呼ばれるようになりました。1343年、ゴンファローニ(Gonfaloni)は、フィレンツェが発展したために、新しく作られたアルノルフォ・ディ・カンビオの城壁で囲まれた時に認められました。これによって、地区分けも新たに施され、城壁内にある、重要な教会を拠点とした地区分けが行われました。教会は、サン・ジョバンニ大聖堂(San Giovanni)、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会(Santa Maria Novella)、サンタ・クローチェ教会(Santa Croce)そして、サント・スピリト教会(Santo Spirito)です。ゴンファローニの数は、16になり、それぞれが組織機関をもち、徐々に行政を直接行うようになっていきました。サント・スピリト地区は、4つゴンファローニに分かれました:Drago(竜)、Ferza(旗)、Nicchio(貝殻)、Scala(階段)です。各ゴンファローニによって、範囲、人数、産業分野などが異なっていましたが、それぞれに特徴を持っていました、毛織ギルドと職人達によって、2つの城壁に囲まれていたこの広大な緑の地区は特に特徴を持ち備えていました。サン・フレディアーノ地区のDrago(竜)とサント・スピリト地区の旗(Ferza)でした。現在でも、オルトラルノ(Oltrarno)は、昔の雰囲気を残しており、多くの職人達が名残惜しいかのように昔の技術職人の地区を慕って生活しており、そんな雰囲気の中で生活を送りたい”ファン”達が住んでいます。迷路のようなオルトラルノ地区の小道を歩いていると、今でも、フィレンツェが中世に発展した時の技術、手工芸を受け継いだ職人達に出くわすことができます。彼らの技術は、毎日忍耐と努力の積み重ねによって産み出され、現在でもその貴重な手工芸を見ることができます。アントニオ・パオルッチ(Antonio Paolucci)は、"イタリアの真の才能"は、この技術職人達の才能でありであり、幻想と知性を花開かせた先代達の”美意識”の賜物である、といっています。

サント・スピリト地区(Santo Spirito)とサン・フレディアーノ地区(San Frediano) - 古代Dragoゴンファローネ

Drago(竜)ゴンファローネは、サンタ・トリニタ橋(Ponte Santa Trinita)とサンタ・ローザ塔(Torrino di SantaRosa)の間と、サン・フレディアーノ(San Frediano)からローマ門(Porta Romana)までの主にアリオスト大通り(Viale Ariosto)とペトラルカ大通り(Viale Petrarca)の周辺をあわせたアルノ川周辺一体をカバーしています。セラリ通り(Via dei Serragli)から、キエーザ通り(Via della Chiesa)、カルダイエ通り(Via delle Caldaie)、プレスト・ディ・サン・マルティーノ通り(Via del Presto di San Martino)とフレスコバルディ広場(Piazza Frescobaldi)まで及んでいます。地区近郊の開拓目的のための教会僧侶達も併せていたので、人口数も多く、ゴンファローニの中でも最も大きな地区の一つでした。この歴史と魅力に溢れ、古き良き時代のフィレンツェを感じ取るには、この地区のサン・フレディアーノ周辺を歩かれると楽しいことでしょう。特に、セッラーリ通り(Via dei Serragli)を通ると、雰囲気が味わえます。

策は、カッライア橋(Ponte alla Carraia)からスタートしてみましょう。元々の橋は13世紀始めに作られましたが、1944年に破壊され、1950年代に再建されました。ナザーリオ・サウロ広場(Piazza Nazario Sauro)から、ソデリーニ・ルンガルノ通り(Lungarno Soderini-ソデリーニ家がこの周辺に多くの建物を所有していたことが由来)を歩いていくと、ソデリーニ家所有の庭園があります。マッジョーレ神学校(Seminario Maggiore)の壁沿いに進んでいくと、カステッロ広場(Piaza del Castello)に出ます。広場には、オニッサンティ教会(Chiesa di Ognissanti)がアルノ川を挟んで向こう岸に見ることが出来ます。広場西側には、コジモ3世が1695年に建てた穀物倉庫(Granaio)があります。
サン・フレディアーノ・イン・カステッロ教会 (Chiesa San Frediano in Cestello)は、剥き出しのままの石とレンガが特徴の教会で、アントニオ・フェッリによって17世紀後半に建築されました。エレガントな丸天井のドームと低い鐘楼がより教会の美しさを引き立てています。小さなサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会(Chiesa di Santa Maria degli Angeli)は、カルメル修道院がサン・フレディアーノ通り(Borgo San Frediano)とピンティ通り(Borgo Pinti)から移転してくる以前に、聖マリア・マッダレーナが住んでいた修道院の一部でした。
サン・フレディアーノ周辺地図内部は、漆喰化粧がされており、明るめの装飾が印象的です。携わった芸術家達の中には、ピエール・ダンディーニ(Pier Dandini)、カミッロ・サグレスターニ(Camillo Sagrestani)、アレッサンドロ・ゲラルディーニ(Alessandro Gheraldini)、ドメニコ・ガッビアーニ(Domenico Gabbiani)、マッテオ・ボネキ(Matteo Bonechi)、フランチェスコ・クッラディ(Francesco Curradi)がいます。広場の南側には、フィレンツェ様式の典型的な住居が立ち並んでいます。ピアッジョーネ通り(Via del Piaggione)を進むとティラトイオ通り(Via Tiratoio)からティラトイオ広場(Piazza Tiratoio)に繋がります。この名前は、綿織ギルドにちなんでおり、この辺り一体では、紡綿工場や織物工場や服飾工場などがありました。サン・オノフリオ通り(Via San Onofrio-聖オノフリオは織物の聖人)を横切り、バルトリーニ通り(Via Bartolini)に入ります。昔は、処刑場があったために無名の通りでした。家具修復家や絹職人、銀職人達が今でもこの辺りに作業場を開いています。15世紀からフィレンツェの工業を支えた83もの"錦織、ビロードダマスク織、東洋織、サテン織、こはく織など、貴重なアート作品が生産されていた"織物工場が立ち並んでいたところに、現在でも作業所が軒を連ねています。また、銀細工も盛んで、後にチェッリーニ(Cellini)やルネッサンス時期に発展した貴金属細工へと続いていきました。

アルノルフォの旧城壁は、サンタ・ローザ小塔(Torrino di Santa Rosa)出終わる道から見ることができます。塔の右側には、リドルフォ・ギルランダイオ作(Ridolfo Ghirlandaio)とされるすばらしいフレスコ画がある礼拝堂があります。左に曲がると、道が徐々に広がり、ヴェルツァイア広場(Piazza Verzaia)になります。広場の名前は、サン・フレディアーノ門(Porta San Frediano)が1334年に作られた当時にあったアンドレア・ピサーノ(Andrea Pisano)設計の農園が由来となっています。鋲扉、鉄輪、そして町のシンボル"ゆり"が入った扉は、現存しています。門を背にしてサン・フレディアーノ通り(Borgo San Frediano)へ曲がると、紙職人、皮職人、陶器職人、靴職人等の作業場を見ることができます。サン・ジョバンニ通りを過ぎると、素朴な家が立ち並ぶネルリ広場(Piazza Nerli)、コルダトーリ通り(Via dei Cordatori)、テッシトーリ通り(Via dei Tessitori-紡績場があったので、通りの名前もここから付けられています)があります。ドラーゴ・ドーロ通り(Via del Drago d'Oro)は、旧ゴンファローネの名前「金竜」が由来であるほかに、中古商店、古美術商、鍛冶屋、銅職人などがあったことも由来とされています。オルト通り(Via dell'Orto)から入るカモルドリ通り(Via Camoldoli)は、12世紀にサン・ロムアルド修道士達によって建てられた修道院の後にこの名前が付けられました。フィレンツェでは、”カマルドーリ(Camaldoli)”は非常に貧しい場所を意味していますが、14世紀から15世紀に掛けて、この辺りには、織工、けば立て職人、梳き手職人が住んでいたことが由来となっています。ビッチ・ディ・ロレンツォ(Bicci di Lorenzo)、ペゼッロ(Pesello)、ボナイウート・ディ・ジョバンニ(Bonaiuto di Giovanni)、ゴッゾーリ(Gozzoli)の名で知られているべノッツォ・ディ・レーゼ(Benozze di Lese)などの画家達もこの辺りに住んでいたとされています。カマルドーリ の住人は、1530年のフィレンツェ包囲の時に立ち去っていき、広大な修道院だけが取り残されました。困難な時期を越え、修道院は貧しい人々の家となり、一部は病院やサン・フランシスコ会の慈善所に改装されていきました。現在は、カマルドーリ通りの修道院は、手工芸人の作業所や健康設備、倉庫へと改築されています。また、この通りには、フォルテピアノ(ピアノの前身)の修復作業所やコンサートホールもあります。

サン・フレディアーノ
サン・フレディアーノ

絹織機
絹織機

The potter's work
陶芸

1970年代まで、オルト通り(Via dell'Orto)とカマルドーリ通り(Via di Camaldoli)は、牛の胃袋を大釜に入れ、焚火の上で煮て下準備をすることで有名でした。ブイヨンまたは水で煮られた牛の胃袋は、近所の工場で働く人達に、使い走りの子供達が携帯用瓶に入れて売り、届けられていました。次は、トルクアント・タッソ広場(Piazza Torquanto Tasso)へ行ってみましょう。1912年にベッロズグアルド(Bellosguardo)の方向を向いて作られ、1930年代にキエーザ通り(Via della Chiesa)まで後ろ側が拡張されました。ペトラルカ大通り(Viale Petrarca)沿い城壁の内・外部には、馬車用の馬や馬車を留めておく場所がりました。レオーネ通り(Via del Leone)とキエーザ通り(Via della Chiesa)が交差する所には、ジョッティーノ作とされる壁龕のコピーがあります。通りの始め、カルミネ教会の裏側にあるホテル内では、ルチアーノ・グアルニエリのアルノ川と周辺丘を題材とした洗練なるフレスコ画を見ることができます。カンプッチョ通り(Via del Campuccio)をセッラーリ通り(Via dei Serragli)方向へ進んでいくと、左側には19世紀の大衆向け民家が軒を連ねているかと思えば、右側には、トッリジャーニ庭園(Giardino Torrigiani)の壁が続いています。この庭園は、フィレンツェでも私有庭園としては最大級の一つです。約7ヘクタールを誇り、市内で自然が残る一つです。

ペトラルカ大通り周辺にある旧馬小屋
ペトラルカ大通り周辺にある旧馬小屋

 

カルミネ教会
カルミネ教会

セッラーリ通り(Via dei Serragli)との角には、サンタ・エリザベッタ・コンベルティーテ会(Sant'Elisabetta delle Convertite)の旧礼拝堂があります。現在は、手工業専門学校に改装されています。セッラーリ通り(Via dei Serragli)を歩いて行き、キエーザ通り(Via della Chiesa)を通り過ぎると、角にコジモ・ウリベッリ(Cosimo Ulivelli-1668年)作の”聖母子と聖人像のフレスコ画がある聖堂があります。礼拝堂正面には、サンタ・モナカ通り(Via Santa Monaca)へ続くアルディリォーネ通り(Via dell'Ardiglione)があります。Papi(教皇)の名で知られているアーチには、画家フラ・フィリッポ・リッピの生家を記念する銘板があります。サンタ・モナカ通り(Via Santa Monaca)には、コジモ・ウリベッリ、カミッラ・マルテッリによるフレスコ画がある旧アウグスト派修道院の家屋で、コジモ一世(Cosimo I)の妻が亡くなっています。セッラーリ通りとの角”カント・アッラ・ククーリア(Canto alla Cuculia)”では、ロレンツォ・ディ・ビッチ(Lorenzo di Bicci)による”聖母子と聖人(Madonna col Bambino e i Santi)”のフレスコ画がある小奇麗な聖堂があります。セッラーリ通り(Via dei Serragli)をアルノ川方面へ進んでいくと、マッザイ宮(Mazzai)、パッラヴィチーニ宮(Pallavicini)、ロッセッリ・デル・トゥルコ(Rosselli del Turco)宮と続いています。古物商や銅職人達の作業所やお店がたくさんあります。ステッラ通り(Borgo Stella)とサン・フレディアーノ通り(Borgo San Frediano)の間には、広大なプリエーゼ宮(Palazzo Pugliese)が建っています。後に、宮殿と広大な庭園と中庭は、フェローニ侯爵(Marchese Feroni)の手へと渡りました。ステッラ通り(Borgo Stella)からカルミネ広場(Piazza del Carmine)へ出ることができます。この散策コースの最後を締めくくるには、やはりイタリア絵画を見ておくことにしましょう。広場にあるサンタ・マリア・デル・カルミネ教会はとても古く、マザッチョ(Masaccio)、マゾリーノ(Masolino)、そしてフィリッピーノ・リッピ(Filippino Lippi)による美しいフレスコ画が教会内のルネッサンス様式礼拝堂ブランカッチ礼拝堂(Cappella Brancacci)で見ることができます。バロック様式のコルシーニ礼拝堂(Cappella Corsini)では、フォッジーニ(Foggini)、ルカ・ジョルダーノ(Luca Giordano)の傑作が見られます。教会は、1771年後に再建されています。聖具室と修道院も観光客を楽しませてくれます。


言語
About Florence: your Tourist Guide to Florence
Sobre Florencia: tu guia turistica para Florencia
Firenze by About Florence: la tua guida turistica per Firenze
Todas as informacoes sobre Florenca em Portugue^s
Uber Florenz:Ihr Touristenfuhrer fur Florenz
Guide de Florence
O Florencie: Vase turisticky´ pruvodce o Florence
あなたのフィレンツェ観光ガイド
infojp@aboutflorence.com

フィレンツェのご案内、あなたのフィレンツェ観光ガイド 2004