www.aboutflorence.com/firenze-gaido
About Florence: you Tourist Guide to Florence
フィレンツェのご案内...
・・・あなたのフィレンツェ観光ガイド
Share |

フィレンツェとブルネッレスキ


ダウンロード ブルネッレスキ.pdf (42 kb)
フィレンツェ観光名所に戻る


ィリッポ・ブルネッレスキは、1377年にフィレンツェに生まれ、1446年に死去しました。彼について、ヴァザーリは、こう書いています:"彼は、天から建築分野における新技術を我々に与えるために授けられた偉大な人物であった"。大聖堂の中には、彼が埋葬されているお墓の近くに肖像画があります。 大聖堂の外側は、 アルノルフォ・ディ・カンビオに続いて、パンパローニによる彫刻があります。ブルネッレスキは、フィレンツェの大聖堂のクーポラ(天井部分)を完成させたことで有名です。それは、古典技術を生かした新しい建築方法で完成され、画期的なものでした。

 

フィレンツェ大聖堂のクーポラ
フィレンツェ大聖堂のクーポラ

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会内にある木製十字架
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会内にある木製十字架
[拡大]

1401年、彼は、大聖堂前にある洗礼堂の扉のための彫刻士を選ぶコンペに参加し、有名になりました。最後までギベルティーと争いましたが、ギベルティーの作品が選ばれました。金メッキされた銅版パネルは、バルジェッロの風景を用いたイサックの十字架がモチーフとされていました。サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の内部のゴンディ礼拝堂で彼の作品の木製の十字架(1418-20)が見られます。
ルネッレスキは、遠近法を学び、それを取り入れたパネルが大聖堂とシニョリーア広場に置かれています。1417年、大聖堂の仕事に取り組み始め、その後20年の年月を費やすことになります。大聖堂の完成は、フィレンツェの人々にとって、大きな願いとなります。レオン・バッティスタ・アルベルティは、この様子をトスカーナ野人日と全員の願いとなり、ブルネッレスキに注目している、と記述しています。ドォーモ美術館には、クーポラの木製模型と、建築に必要な材料とのマッチングを図る模型があります。1419年、ブルネッレスキは、絹織物ギルドに捨て子養育院の設計を委託されます。捨て子養育院は、シンメトリーな設計で、回廊が特徴的な建築物です。サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場は、ヨーロッパの中でも魅力的な広場の一つとなります。

こから、サンロレンツォ教会へと見学を進めていきましょう。1419年に建築開始。光が一杯差し込み、メディチ家の教会であったことが分かる数々の貴重な芸術作品で荘厳な内部です。旧聖具室は、古典的空間を生かした構造となっています。

サン・ロレンツォ教会内部
サン・ロレンツォ教会内部

ンタ・クローチェ教会からの帰り道、グエルファ党を支持していた旧家(palagio)の近くを通ることでしょう。この旧家は、ブルネッレスキが改築を手掛けました。2階にある会議室の設計、 型にはめて作ったクラシックな窓など。サンタ・クローチェ教会の横には、パッツイ家の礼拝堂があります。1430年に建築か開始され、begun in 1430, 半球状の天井が中心部に作られ、アーチ状の白色の柱にグレーの石のピラスターとエンタブラチュアで化粧されています。

ルネッレスキの最大のプロジェクトは、サント・スピリト教会です。1436年に建造が始まりましたが、直後にブルネッレスキは死去してしまいます。その後、いろいろと計画変更がありながらも建築されていきました。教会横のRotonda of Santa Maria degli Angeliに病院も設計されましたが、未完成のままで終わっています。

ルネッレスキはサント・スピリト教会のファサードをアルノ川に向けて作る設計でしたが、計画は変更されました。始めは、教会横の礼拝堂は、外側は曲線を描き、通常教会は3個のドアですが、それを4個にする計画などがありました。これらの変更は、ブルネッレスキの死後に建設に関わった建築家達によって行われました。ピッティ宮殿の設計もブルネッレスキの作だとされていますが、後にメディチ大公によって、大幅に変更されています。

サント・スピリト教会内部
サント・スピリト教会内部

パッツィ家礼拝堂内部
パッツィ家礼拝堂内部

フィレンツェにあるブルネッレスキの作品:

ダウンロード ブルネッレスキ.pdf (42 kb)
フィレンツェ観光名所に戻る
言語
About Florence: your Tourist Guide to Florence
Sobre Florencia: tu guia turistica para Florencia
Firenze by About Florence: la tua guida turistica per Firenze
Todas as informacoes sobre Florenca em Portugue^s
Uber Florenz:Ihr Touristenfuhrer fur Florenz
Guide de Florence
O Florencie: Vase turisticky´ pruvodce o Florence
あなたのフィレンツェ観光ガイド
infojp@aboutflorence.com

フィレンツェのご案内、あなたのフィレンツェ観光ガイド 2004